「練習は裏切らない」

速く走れるようになりたい👍

高梁ヒルクライム2019 残り300mを忘れない

TIME  31:35

15〜30歳クラス 年代別14位/109人 +top 3:18

男子総合 85位 /724人 +top 4:30

f:id:takuro1101:20191009153804j:image

 

2019年最後のレース、高梁ヒルクライム2019

簡単に当日をまとめましたー。

 

朝2:30分起床  

体重63.7kg  一時は62.9kgまで落ちたが前日のカーボローディングで増えて、まぁ少し重いがこんなもんかなと。

 

もう少し寝ようかと思ったがもう寝てる余裕なんてなく荷物をまとめBIKEを積み込み高梁に向けて出発。

f:id:takuro1101:20191009151229j:image

まぁー、いつになってもこの車の不便さといえばピカイチ。泣

 

4:15分  高梁着。

レース約3時間前、セブンのイートインコーナーにて一人寂しくミートスパゲティとポカリを体にぶち込む。

普通に袋にいれるもんだから温めてください。と。  店員はこいつは何時からこんなもんを食べるんだとおもったはず。しらんけど

まー、朝からパスタなんて味わって食べれるハズもなく、口にとにかく詰め込んだといったとこ。

f:id:takuro1101:20191009151256j:image

 

4:45分  駐車場Dへ到着。

かなり早い到着で駐車場係の人は早すぎだろ。と、かなりめんどくさそうな顔でこちらに向かってきて誘導してくれた。まぁボランティアでこれは確かに面倒だとは思うが。すみません。ゆっくり準備し軽くムービングストレッチもしローラー台をセットした。

 

5:30  ローラー開始

メニューは低負荷で15分→負荷をあげながら5分間、心拍もグッとあげる→一度心拍を落ち着け、もう一度負荷と心拍をあげup終了。

アップ時間35分  

f:id:takuro1101:20191009151337j:image

脚の疲労はなく気持ちよくまわせて調子はよさそうな感覚だったかな。

f:id:takuro1101:20191009153839j:image

隣に駐車された方も同じ時間にアップをされており、なんかレース前といった感じでテンションが上がったのを記憶しております。関西圏からの方でした。少しお話をさせて頂き、高梁HCのレースは楽しいとおっしゃっていました。

f:id:takuro1101:20191009151352j:image

前輪をはめて空気を入れる  いつもより0.2多めの前後6.6で張った。頼むからパンクだけはしないでくれと思いながら慎重に空気をいれた。

 

6:30  Hさんと合流。

8キロ離れた開会式の会場へHさんと話しながら高梁北中学校へ。そこで当日受付を済まし荷物を預けた。Freedomの方などとも少しお話したり、大行列を並んで最後の軽量化も成功した。

f:id:takuro1101:20191009151620j:image

 

7:35 カテゴリAにてパレードラン開始

高倉荘のスタート地点に到着しスタート直前は前から3列目中央を確保。周りは大学生?らしき選手がたくさんいた。Aカテゴリ最年長(来月31の誕生日)の私はなんか悪い気がしてサングラスでおじさん感を出さぬよう存在を消していました。おじさん臭はでていたかもしれません

 

 

7:45分 カテゴリA(15~30歳)スタート。

最初はとにかく先頭集団に食らいつくぞと思っていた。が、そんな時に限ってペダルがハマらない。2回、3回と。。。いつもは問題ないのにこんな時に限って起こるあの現象はなんでなんでしょうか

 

最初の先頭はマトリックスの選手で進んでたような。あんま知らんけど一瞬みたらそーだった。最初は30k後半ですすむ  それでもなんとか真ん中でこなすがかなりきつくなり中切れを起こしたのは私、中切れおじさん。ご迷惑した方、失礼しました。

 

しかし私の後ろもしんどかったのか、ここで先頭集団と離脱組がはっきり分かれた状態になった。4,5人パックになっていたがローテがうまく回らなくもどかしい状況で、それはそれは協調性の全くないまるで牽制し合うお葬式のようでした。

 

しばらくしているとほかの人からも回したい雰囲気を妙に感じたので、ここでAクラス最年おじさんの私が声をかけさせてもらった。短かくていいから回していこうね という旨の声をかけた。確かそんなことをいったハズ。

 

途中同じパックにいた、ちゅう吉のK君がボトルを落としてかわいそうだったので、水いる?と聞くと、ください! とのことで渡してあげた。ここは協力しあうことが重要。ひとり少なくなりしんどくなることを考えるとそうせざるをえなかった。が、なにかこの行動は後で自分にいい事が返ってきたらいいなぁとか一瞬おもってしまった(笑) 

 

よく考えるといきなり濃いめのドリンクをあげたけど大丈夫だったんだろうか。笑

 

 

その後はグループ内でもちょくちょく会話したり、もっと早く回そう‼︎とか。しまいには、まだいけますか?なんてこのおじさんの状況を確認してくれる人もいたりして。笑  ラストなんで頑張りましょう!って言ってくれるコもいたりして、その優しさに辛いながら一瞬ほっこり。ありがとやー  おじさん嬉し泣ッ☆

 

そしてどんどんゴールへと向かう。

するとさっきドリンクをあげたKくんが最後はコースのアドバイスをくれた。(k君は地元が高梁出身と後で知る)正直その時はしんどすぎたが、緩斜面でも踏みまくっていた私にラストきつくなるのでここは少しペース落としましょうと。

 

この言葉で疲労で失っていた冷静さを取り戻すことができた。ほら、いいことが自分に返ってきた。(笑) ドリンクをあげたことでK君も心を開いてくれたのだろう。しらんけど

 

試走から思っていた事だけど、高梁はラスト1kmとか500mとか、あれが異常に長く感じる。いつかあれがほんとに正確な距離なのかを測りにいきたいものだ。たぶん正確なんだろうが... 

 

ラスト300m

とにかくものすごくきつかったのを覚えている。なにも考えられないくらいでグアッとなってた事はハッキリと覚えてる。ここからはもぅ他人がどうとか言ってる場合じゃない。自分の取り組んできたことを最後振り絞って意地を出し切るのみ。なんの為に毎日朝練してきたの?出し切れよ! と自分に言い聞かせた。

 

ラストのコーナーでは観客も大勢いて、あきらめることなんて恥ずかしくてできないエリア。ラストラストラストと唱えながら最後区間はダンシングで踏み切ってゴール。

 

結果

31:35

 

体の感覚は悪くなかったがパワーデータをみると一週間前の金山練習の時が一番踏めてたと言うことになる。

 

途中協力してくれた人と話しながら休憩地点へ。K君へは、何歳?と聞くと21歳と。。。(;´д`)トホホ  おじさんが最後までごめんなさいね。来年はBカテゴリにいってみんなの邪魔はしないですから。すんませなんだと(笑)

f:id:takuro1101:20191009152342j:image

●感想●

タイムに関しては2年前から4:17秒更新。

あーすればよかったとかバイクがどうだとかそんな事は一つもない。ヘボいながらも今の自分の力は出し切れたし今の生活環境の中で時間を作り練習にも取り組めたので悔いなし。

 

ただそれでもまだまだ雑魚なことに変わりなかったことが悔しかった。笑  また速くなりたい!と思った、ただそれだけ。練習ですね。

 

さて、わたしの2019年の最終章 第3章がこれにて完結した。

 

吉備路マラソン、富士ヒル、高梁HCと今年のイベントが終わったのでまた忘れないうちに振り返りを書いておこう☆

ありがとうございました‼︎

 

 

 

第3章スタート NEW Venge と共に。

今更スタートって言ってる時点でおわってるんだが、、、汗

 

僕の中で今年の最終章としていた第3章、[高梁ヒルクライム]  にやっとエントリーした。

3分でできるエントリーを3ヶ月引き延ばす自分ってなんなんだろうって思う。。。笑

富士ヒルが終わり2ヶ月弱、全く気持ちが入らない日々が続いており今年一番のダラけた生活を繰り広げた。

 

これは全て自分の弱さがそうさせた。当たり前であるが責任は全て自分にあり自分で決めたことに対して目標を見失い、自分でダラけてしまったという事。

 

まー、ゴダゴダ言っても過去は取り戻せないし、ここからやるしか道はない。第1章、第2章で少し積み上げれた物は悔しいがもう0になった。落ちるところまで落ちたのだが元々が雑魚なのであまり気にすることもないかと。。。

 

それともう一つ。タイトルにも描いたがnew vengeを納車した。

いや、正式にはvenge pro(ヴェンジ プロ)

f:id:takuro1101:20190726085727j:image

車種:Specialized Venge Pro 2020 DISC 電動アルテグラ完成車

カラー:GLOSS TEAL TINT/BLACK REFLECTIVE

納車日:2019.7.21

 

2019年モデルを予約しにショップに行ったが2020年モデルが発売されるという事をしりカラー写真はなくイラストカラーのみの情報で不安はあったがどうせならキリよく2020やろ!という流れで注文したのがこちらのバイク。

 

まー、なにはともあれ速く走るには機材も若干あるが、一番はやはり自分の脚次第だ。

3章から気分も一新、NEW Vengeと共に‼︎

 

高梁ヒルクライムに向けて。

無事?富士?

無事に第2章富士ヒルが終わりのんびりとした生活をおくっているが、第3章の高梁ヒルクライムに向けてどのようにアプローチしていこうか検討中。

 

富士の準備期間と同じように練習をしていくかそれとも少しやり方を変えてみようかなとか。

 

色んな人の考えにヒントがないか、暇さえあればブログやらを探っている日々。

 

印象に残ったブログがあった。

 

以下  引用

 

一つの目標に向かって地道に積み上げてく。周りのいう事に惑わされず、ブレず、寡黙にひたすら突き進む。誰も自分の責任をとってくれないし、最後に走るのは自分。

レースの辛い局面では誰も助けてくれない。どんなに偉そうに言ってくる奴でも、どんなに君のためだよと言ってくれる人であっても助けてくれない。

言うのは易く、行うは難し。

金と時間を使って、苦しい練習して、危険なレース走って、社会的には何も評価されない自転車競技のリザルトを求めるんだから、自分の好きなようにやりなよと。ただ、やるからには一つの目標に絞って一点集中。

自分で決めて、自分で苦労して、自分で走れば、どんな結果だろうと自分で責任を取れる。普段の生活や仕事でもそうだけど、何かあった時に人のせいにしてしまったり、対外的なモノに責任転嫁をしてしまうのは、人に決めてもらっているからだ。

人間が動く最大の力は自分で決めて行動することだ。そしたら、誰のせいにもしないし、自分で納得できる。

引用: IT技術者さんのブログより 

 

色んな情報にとくに振り回される自分の性格だからこそ、とても印象に残った。ほんとに何度も読み返してしまうほどごもっともだと思える記事だった。

 

まだまだ誰かと競争ができるという走力はないと富士ヒルで再認識できている。結果はしっかり受け止めて次に進むしかない。やらなきゃ成長はしないし早くはなれない。

 

やるかやらないかという選択肢をもたない、毎日コツコツが1番の近道  ということはわかっている。

 

この休養期間に練習方法をしっかりきめて気持ちも整理して高梁ヒルクライムにむけてやっていく。

練習は裏切らない‼︎

 

Mt.富士ヒル2019

私の今年の第2章はこの富士ヒルクライムとしていた。

 

当日の天気は雨。

f:id:takuro1101:20190618101636j:image

兎に角スタートまで寒くて苦労した。初めてなので段取りもよくわからない状況。

 

それでもなんとかスタートを切る。なにせ初めての出場の為、どのくらいのタイムを目指せば良いのかもわからないまま当日を迎えた。

f:id:takuro1101:20190618101713j:image

 

まーブロンズ?(90分切り)という感じで90分切りを目指したが正直厳しいかなという胸の内。

 

それでも前日にブロンズの目安カードを作り当日のレーパンに挟んで出走した。

f:id:takuro1101:20190618101603j:image

スタートし計測区間まではペダリングとポジション、雰囲気を掴もうと集中した。

 

計測開始。

 

流石富士ヒル。人が次から次へと、どんどん抜かれるし抜ける人もいる。さっき近くにいる人がすぐに視界からいなくなる。

 

それを繰り返すうちに一合目。そこで一緒に走ってた方がGARMINを操作しラップボタンを押した。

 

私もつられてGARMINのラップボタンを押したのが全てを狂わせた。ラップボタンを押した事で計測開始からの時間がまったくわからなくなってしまった。

 

終わった。と思ったがここはポジティブに考えられた。

 

タイムをみて、脚をためたり、踏んだりなんてどっちみちできない。とにかく同じペースの方を見つけて五合目を目指すしかない!緩める事なんてできない、出し切るしかないと。

 

色んな方と協調して五合目を目指した。

 

それからはタイムと睨めっこするのではなく、その時々の状況で脚の合いそうな方と協調して走り、今日集まった同じ自転車好きの方とこうして五合目を目指して走れている事が非常に幸せに感じた。

 

辛いはずなのに雨や脚の疲労を忘れさてくれるくらい楽しく走れた。

 

正直、いつも練習していた種松山を練習していれば富士ヒルの斜度はキツイと思わなかったのが正直なところ。

ならもう少し早く走れよ!と聞こえてきそうだが、、、

 

無事登り切りフィニッシュラインを通過。

 

ゴールしてなにか一気に力が抜けた瞬間だった。そして第2章が終わった。

f:id:takuro1101:20190618101909j:image

今年の第1章ではランニングをして基礎体力の向上を目指した。そして2月のそうじゃ吉備路マラソンのフルマラソンでその結果を確認した。

 

第2章はそこから4ヶ月間だった。

富士ヒルを楽しむ体を作り、全国規模のレースで自分の立ち位置を確認するという目標を掲げていた。

 

結果はこの通り

f:id:takuro1101:20190618005159j:image

 

なんとなく決めていた90分切りは達成できた状況。カテゴリ別でも半分以下でなんとか。。

f:id:takuro1101:20190618101816j:image

 

ブロンズはとれたものの、やはりこれで満足はできないし、もっと早く走れるようにこれからも自分と戦いたいと思った。最大心拍も高くなくもう少し頑張ってもよかったと思ったもののそれは後の祭り。それも実力。経験不足。

 

強くなりたいといったらなんかツンツンしてるからそこは速くなりたい!という言葉をチョイスしておく。

 

もちろん来年もまた出たいと思うレースだが現実、岡山から富士山は毎年は出にくい距離があるのが現実。600k超

 

来年どうかとかは置いておいて1つ共通するのは、もっと早くなりたいという事。

 

富士ヒルまでの4ヶ月間、今置かれた環境の中ではしっかり準備できたとおもう。

 

毎朝、子供を保育園に送り、土日の家族行事、新築に伴う打合せ、新築引越し、一部の家事、

遅番⇄早番の仕事、

 

この中で多くはないが自転車の時間を作りだし練習をした。

 

自転車の練習に出かけさせてもらって家族には多少迷惑かけた日もあったかと。それでも走りに行かせてもらえて感謝している。

 

富士ヒルのベースがなかった為どれだけ早くなれたのかの指標がないのがよくないが、

 

置かれた場所で咲きなさい。

 

という言葉の通り、少しは置かれた環境で自分なりに咲けたのではなかろうか。

 

満足はしていないが、プロセスは。

 

少し充電して

 

第3章高梁ヒルクライム

 

これに向かう事にする。

 

 

 

富士ヒルまで13日

富士ヒル当日まで二週間を切った。残り13日。

 

ツイッターでは徐々に"富士ヒル"wordが増え、徐々に本番が近付いてきていることを感じる毎日。

 

初出場だし目標タイムすら設定しにくい状況。

 

なにができるのかって、

とにかく少しでも富士ヒルを楽しめる体を用意して本番を迎えるのみ。順位やタイムはどれだけ準備(トレーニング)ができてたかの結果。

うだうだ言うより残された日を大切にやりきるしかない。

 

まだ今週いっぱいはしっかり刺激あるトレーニングをしてもいいのかな。そこからは強度を落として回復と今も始めている減量の徹底かなと。

 

本番まえ不安もたくさんあるけど、その不安を消すのは練習をして安心感をどんどん自分に持たすことでしかないと思う。

 

明日は休みで高強度練習。

サドルの上が苦しくも今は1番安心できる場所かな。

f:id:takuro1101:20190528230512j:image

 

 

 

 

少し明るい光がさした朝練

最近やはり調子が出なく悩んでいた。

SHOPの走行会などに参加し気持ちをリフレッシュさせてみたりしてみたが

やはり一人で練習にいくと秒で垂れてしまう。

 

なかなかギアが入らなくただ乗っている感覚

いくら持ち直そうとしても無理

それでも乗るだけヨシ!!と切り替え辛抱してながらなんとか。。

家にあるスピンバイクにのり、YouTubeヒルクライムの動画をながして同じように漕いでみたり

1日5食で急激な血糖値の上昇をふせぎ体重増加に気をつけり

カロリー数も考え昼までにカロリーをできるだけ取るようにするだとか

鳥のささみを中心に食事をしたり

こんな食事をして練習ではワット数が出ないとなれば正直しんどかった。

 

どのようにしてコンディションを作るのか経験がなく我流で試しており、このような取り組みが果たして良いのかどうかはよくわからない。

しかし自分が考えておこなった取り組みなら結果どうなろうが納得できる

 

弱い自分を倒し、不安を取り除き、自信をつけるのは日々の努力などの積み重ねでしかないという事をイチローも言っていた。

私ごときがおこがましいが、たしかに私もそうだと思い、自分の信じた練習を続けていた。。

 

 

そして今日の朝練

いつものように練習に出かける

家の前から一緒になったローディーがいた

信号が青になるや、カッ飛んで行った。

身体も細く脚もしまっていた

さすがだなぁーと、特に追うこともせず見送った

私はいつもの種松山を登る前に準備しながらゆっくり乗っていた

するとさっきの方がぐるっとまわって戻ってこられ同じタイミングで種松山に差し掛かった

いつもと違う登りになりそうだ

一緒に登る方がいて少しワクワクした

私は後方につき、あまり意識はせずに自分の感覚を大切にペダルをまわした

意識してないといえば嘘になるが自分のペダリングで淡々と回した

前の方の走り方はダンシングを多様してかなりの前傾姿勢、シッティング時も右左と踏み込んでいるといった印象

この人はこれで最後までもつのかな?と思った

しかし身体は細く脚もしまっているしどーなるんだと思いながら回す

少しづつ距離がつまると向こうもダンシングで逃げようと踏んで距離が開く

数回すると向こうも落ちてきて横に並ぶ

ここで軽く会話をし追越しさせていただく

 

それでも淡々と。

手元のタイムがかなりいい。とわかる

あとは完全に自分との勝負と思い最後20メートルからダンシング開始

PBを更新できた

 

ずっと基本ソロでの練習だった為、久々に人と登りを登れて楽しかった

やはり人と登ると気持ちも引き締まり集中でき、自然とタイムもでるもの

 

なかなか明るい練習成果がなく、もがいていたが富士ヒル前に少し明るいことがあり今日は嬉しかった

 

富士ヒル本番までもう少し

やれる事をしっかりやって富士山に乗り込む。

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車の楽しさ

freespeedの練習会に参加

最近ソロ練習ばかりで調子も上がらず原因をさぐる日々  

原因はわからないまま今日はショップの走行会に参加してみた

最近山にこもり一人でトレーニングばかりで自転車が楽しい!という1番大切な気持ちが薄れてるのかもと思ったから

だから今日はおっぱいバンド(心拍計)も置いてとにかくみんなと楽しく自転車に乗ることだけにフォーカスをあてた

 

集合してみると14名を超えるメンバーで2グループにわかれてスタート

久々にローテーションしながら目的地まで

ボイスサインや千切れそうな方がいてもパックを崩さず協力しながら進む

最後の坂では各自のペースで自由に登った

目的地の深山公園に着いてみんなと談笑したりコロッケなどを食べたり飲み物飲んだり

f:id:takuro1101:20190512153413j:image

 

そうだった。

みんな好きなフレーム、ホイール、コンポ、ウエアなどを身にまとい

普段は仕事をしつつ休みの日になれば共通の趣味を持つメンバーが集まって

風をきって協力しながら目的地までいって

ごはんを食べたり喋ったり 

 

これこそが僕が自転車を始めて最初に楽しいと思えた理由だったと思い出した

 

今はただはやく走れるようになる為に山に特化して練習をしてるけどそれはそれでいいと思う

自転車の楽しみ方って人それぞれだと思う

今1番打ち込めてる自転車が嫌いになったらそれは本末転倒

気張りすぎずに楽しむことを忘れない