marginal gains

速く走れるようになりたい👍

2019年第1章 基礎体力の向上。ここまでの取り組み

2018年8月、全日本乗鞍にて体力の無さを痛感し、悔しい思いをしてから早いもので半年が経過した。

 

過去の自分を超える為にどうすればいいか。

 

...

 

考えた結果、自転車とは別にランニングを取り入れクロストレーニングを実施するようにした。

 

まずは基礎体力の向上だ。

 

はたして、マラソンは自転車には効果的なのか。

 

とにかくやってみてフルマラソンに出て成長を確認することにした。

f:id:takuro1101:20190221010858p:image

 

 

 

自転車に乗るには時間がないというときに家でダラダラ過ごしてしまうより、30分だけでもランニングにでて、体を動かしたほうがいいのはさすがの私でもわかる。

 

まぁあれこれ考えるよりとにかく動きだした。やった方がいいのはわかってるから。

 

9月.10月.11月.12月.1月.2月

 

半年。

 

どちらからいうと苦手で好きでもないランニングにでかけるのは正直億劫になりそうになった時期もあるが、それでも去年の悔しさをわすらることなく走った。

 

距離がすべてではないのはわかっているが、

集計をしてみると、半年で420kmを走っていた。月平均70km。

 

継続は力なりという言葉があるように、やはり続けていると少しずつだが自然とタイムも速くなっていた。

 

また走りだすモチベーションでタイムも大きくかわることも感じた。

 

 

レーニング期間における自己ベストタイム

5km   23分33秒

10km  48分39秒

ハーフ  1時間54分47秒

 

 

ベストタイムがでているのは最初よりもちろん5.6ヶ月目と後半だった。

 

例えタイムが悪い日があっても、それはそれでこの感覚で走ってもこのくらいのタイムはでるのか。と感じるようになってきた。

 

最近ではここまで自分なりに考えて走ってきたからか、2/24のフルマラソンが退屈というより、むしろたのしみにしている自分がいる。

 

今までの自分からは考えられない考えだけど人間こうもかわるもんなんだなと。。

 

 

また半年間走ってみて気づいた事があった。

 

それはマラソンは思ってる以上に膝と腰に負担がかかっていること。

 

期間中、腰が悲鳴をあげそうなくらいの時期もあった。膝もだ。

 

しかしそこは焦らずお風呂にはいったりストレッチをしたり、テニスボールを使ってセルフマッサージをしたり工夫できたのではなかろうか。

 

本番を週末に控える今週は体調管理をしながら

最後の減量に励んでいる。

 

また食べる量も制限しているので栄養が足りなくて風邪を引かないことだけは注意し生活中。

 

そしてもう一つ "圧倒的回復" という事でマッサージボールとマッサージロールで疲れをとにかく貯めないようにケアをしている状況だ。

 

 

2017年に岡山マラソンに出場して初めてのフルマラソンのタイムは

 

4時間52分51秒

f:id:takuro1101:20190221003757j:image

 

同じコースではないがどのくらい成長できているか、どんな結果になるか本当に楽しみだ。

 

一つ目標を立てそれにたいして逆算して怪我なくとり組めたこのプロセスにたいしては自分自信で評価していいのではないだろうか。

 

家庭、子供、新築計画、仕事、会社の行事計画の企画、思い返すと制限はかなりあった環境の中で無事練習を積めてこれた。子供が寝ている夜中、早朝、極寒の中、濃霧の中、いろんなシュチュエーションでの練習はしんどかった。。。

f:id:takuro1101:20190221005955j:image

 

しんどかった分、本番前の今は、やってやる!って思えている自分がいるのは大きい。

 

本番前だから焦って練習しなきゃ!というあせった感覚は全くない。むしろやってきたことを信じて後は当日楽しみながら頑張るぞという感覚。

 

 

 

今回の "そうじゃ吉備路マラソン" は普段私が仕事で担当しているエリアということもあり今回は取引先の方とTシャツを合わせて走る予定だ。

f:id:takuro1101:20190221010707j:image

こういうの嫌いじゃないんだな。

楽しくなりそうだ‼︎

 

さて頑張るぞ‼︎