marginal gains

速く走れるようになりたい👍

2019第1章:そうじゃ吉備路マラソン。基礎体力の向上、完結。。

半年間取り組んできたランニング。

 

自分の基礎体力をまずは向上させる!と強く意気込んだ半年前。

 

前回ブログでその内容はお伝えしました。

 

そうじゃ吉備路マラソン。当日

 

前日から始めていたカーボローディングが成功し体重1キロ増加でしっかりエネルギーを体内に取り込めて当日の朝を迎えることができた。

 

前日夜も体のケアを入念に行う。。。

f:id:takuro1101:20190225084559j:image

寝付きもよく目覚めもよかった。

 

準備をしていざ出発。途中のコンビニでしっかり朝ごはんを買い食べながら会場へ。

 

9時30分フルマラソンスタート。

 

左足首が内側に入る癖があるので、できるだけ道路の左側の左に若干傾いた道を走行する事を心がけ負担を減らすようはしった。

 

途中携帯のストラバアプリを開くも位置情報がとれていなくキロ平均が表示されていない。。。

 

究極に萎えそうになったが、こんな事で半年間の取り組みを無駄にすることはできない。

 

走るしかなかった。

 

途中同じくらいのペースの方に話かけさせてもらってペースを確認させてもらった。

 

さっきまで4:50でしたよ。と約20キロ地点(五重の塔の辺り)

 

オーバーペースとも分かったがあまり体にきていなくこのままでとりあえずはいこうと決めた。。

 

その数キロ後くらいから急に脚にきはじめる。

 

ストレッチを入れながら今回は走っていたがその時はとまってストレッチを入れるといっきにスイッチがオフになったような感覚になった。

 

そこからはトイレに行ったり給水所がきになったりしんどかった。。

 

トイレに行った際、三個の仮設トイレが用意されており3つあるトイレの両サイドは赤色で使用中。真ん中は青色だ。。

 

迷わず飛び込んだ。しかし開けるとそこには女性が。幸い用は済ませていた状況だったが、、、

 

鍵しめてよ。。。苦笑

 

その人も辛い中、トイレにいって鍵のことなんて二の次三の次くらいだったんだろう。しかしそこは是非改善をお願いしたい。。

 

そこからは自分との戦い。タイムも全くわからない状況だったがここまできてタイムを見たからといって早く走れることもできない状況だ。。

 

とにかく一歩ずつ前へ前へ足をだす。

 

総社市内のメイン通りに入り残り5キロ。

 

いつも走っていた5キロコースを思い出し、もーすぐだと思ったがこれがとんでもなく長かった。。

 

それでも一歩ずつすすんだ。

 

ゴールにむけて沿道からの声援も大きくなり人の目も気になりだした。ゴールがだんだん見えてきてそこでタイムが表示されており恐る恐るみると。

 

 

なんとまだ4時間をきっているじゃないか。。

 

最後の力を振り絞りゲートを通過した。

 

サブ4をはっきり目指していたわけではなかったが、どのくらい成長できるのか期待していた。。。結果約一時間のタイム短縮に成功した。

f:id:takuro1101:20190225091900j:image

3.54.18秒

 

争う相手は他人ではなく自分のみだった。。

f:id:takuro1101:20190225093406j:image

素直に嬉しかった。初マラソンから58分を短縮できこうも人間は変われるんだなと。

 

体重も約10キロ落とし、怪我のないように無理なく走り込んだ半年間。

 

家族に迷惑のかけないように寝ている間に走りに行ったり、まだ日が出てないうちに走りにいったり。コツコツと時間をやりくりして日々を積み重ねた事。これを冷静に振り返ると満足感が増した。

 

今回タイムがでたから満足に終われたのか。

いやそこは違う。まず1番は目的に対してどのようにアプローチできたのかというプロセスを大切に出来たこと。

 

タイムが全てではないが今回はプロセスにも満足ができおまけで結果も数字にも表れた。。

 

今回は1番理想の形で終われたがいつもそうとは限らない。どうしても伸び悩みってあると思うしすぐに結果がでないケースも多々ある。

 

1番はそれにたいしてのアプローチを大切に次の第2章も突き進んでいきたい。

 

一章が終わると同時に第2章のはじまりだ。。

 

いや、少し体が悲鳴をあげてるのでこの状態が落ち着いてから再開です。。。