marginal gains

速く走れるようになりたい👍

少し明るい光がさした朝練

最近やはり調子が出なく悩んでいた。

SHOPの走行会などに参加し気持ちをリフレッシュさせてみたりしてみたが

やはり一人で練習にいくと秒で垂れてしまう。

 

なかなかギアが入らなくただ乗っている感覚

いくら持ち直そうとしても無理

それでも乗るだけヨシ!!と切り替え辛抱してながらなんとか。。

家にあるスピンバイクにのり、YouTubeヒルクライムの動画をながして同じように漕いでみたり

1日5食で急激な血糖値の上昇をふせぎ体重増加に気をつけり

カロリー数も考え昼までにカロリーをできるだけ取るようにするだとか

鳥のささみを中心に食事をしたり

こんな食事をして練習ではワット数が出ないとなれば正直しんどかった。

 

どのようにしてコンディションを作るのか経験がなく我流で試しており、このような取り組みが果たして良いのかどうかはよくわからない。

しかし自分が考えておこなった取り組みなら結果どうなろうが納得できる

 

弱い自分を倒し、不安を取り除き、自信をつけるのは日々の努力などの積み重ねでしかないという事をイチローも言っていた。

私ごときがおこがましいが、たしかに私もそうだと思い、自分の信じた練習を続けていた。。

 

 

そして今日の朝練

いつものように練習に出かける

家の前から一緒になったローディーがいた

信号が青になるや、カッ飛んで行った。

身体も細く脚もしまっていた

さすがだなぁーと、特に追うこともせず見送った

私はいつもの種松山を登る前に準備しながらゆっくり乗っていた

するとさっきの方がぐるっとまわって戻ってこられ同じタイミングで種松山に差し掛かった

いつもと違う登りになりそうだ

一緒に登る方がいて少しワクワクした

私は後方につき、あまり意識はせずに自分の感覚を大切にペダルをまわした

意識してないといえば嘘になるが自分のペダリングで淡々と回した

前の方の走り方はダンシングを多様してかなりの前傾姿勢、シッティング時も右左と踏み込んでいるといった印象

この人はこれで最後までもつのかな?と思った

しかし身体は細く脚もしまっているしどーなるんだと思いながら回す

少しづつ距離がつまると向こうもダンシングで逃げようと踏んで距離が開く

数回すると向こうも落ちてきて横に並ぶ

ここで軽く会話をし追越しさせていただく

 

それでも淡々と。

手元のタイムがかなりいい。とわかる

あとは完全に自分との勝負と思い最後20メートルからダンシング開始

PBを更新できた

 

ずっと基本ソロでの練習だった為、久々に人と登りを登れて楽しかった

やはり人と登ると気持ちも引き締まり集中でき、自然とタイムもでるもの

 

なかなか明るい練習成果がなく、もがいていたが富士ヒル前に少し明るいことがあり今日は嬉しかった

 

富士ヒル本番までもう少し

やれる事をしっかりやって富士山に乗り込む。