marginal gains

速く走れるようになりたい👍

marginal gains

6/7の朝練の際に、自動車の幅寄せが自分の肘に当たり大怪我はなかったものの事故にあいました。

 

悪質な幅寄せだった為思い返すといまだに怒りが込み上げてきます。

 

細かい詳細もここに書こうと思いましたが振り返るより前を向こうと気持ちは切り替えると決めたのでここには書かないことにしました。

 

その事故以降、体も気持ちもどこかすっきりする状態ではなく、歩いていると背後の車のエンジン音が妙に気になったり間違いなくいつもの状態ではありませんでした。

 

それでも去年から練習を続けてきたことがここで水の泡になる、焦る気持ちから二号機のKUOTAを引っ張り出してポジションを出して乗ってみたりもしました。がやはり背後のエンジン音が怖くどこか練習への気持ちも上がってこない状況でした。

 

そんな中さらに追い打ちをかけるように、乗鞍ヒルクライムの中止の発表もあり、プッツン。とすべてのやる気スイッチが完全にOFFになりました。

 

ここで強い人は切らさずに継続して練習を積めるんでしょうが僕はそうではなかったようでまだまだです。

 

ですがあえて開き直り、しばらくの間少し体にOFFを入れようと思いました。

 

それからは封印していたランニングを再度始めてみたり縄跳びをしたり、、思っていたより走れて動けて驚きました。

 

その結果GarminWatchやマラソンウエアを買ってしまったり。

 

まぁ普段とは違う刺激を体に入れながらあまり食事制限もせずOFFを満喫できました。それは満足です。

 

が、こんなOFFをこれ以上続けていくとほんとに積み上げたものが0になりそうなのでこのブログを書くことでこの生活とおさらばしようと思います。

 

7月1日からまたきちんと自転車に乗っていこうと思います。やはり強い方は練習を継続されているのに対して弱い自分がぬくぬくといつまでも何してんだっていう事です。

 

「marginal gains 」という言葉をOFF中に目にしてすごく自分に落としみたい言葉だなと感じました。

 

marginal gains=小さな改善を積み重ねることで大きな成果を生む志向。

 

継続ができない人間は成果を求めすぎてしまい挫折する。日々の練習の成長なんて少しづつでいいからコツコツ努力してその少しずつを日々多く積み重ねて大きな成果を出すっていう考えのようです。

 

確かに最近は目の前のタイムやワット数ばかりが気になっていて、あまり数字ばかりの練習も良くないよなと思っていたところでした。

 

そんなこともあり、もう一度1からあまり気張らず日々試行錯誤して地道に決めたことを積み重ねていければいいかなと思います。

 

タイムが出る時もあれば出ないときもある、この一年の練習でそれはよくわかった事、続けていれば必ずタイムはある程度のところまでは上がってくれるはず。

 

まぁなんでもやってみて改善、改善。

 

考える前に乗れ!やるべき事は意外にもシンプルな事の積み重ねみたいです。

 

頭が整理できたので3週間のOFFを経て明日の7月1日から地道に再出発です。